忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 10:45 】 |
北海道ホームページ作成 札幌ゆるキャラ「コアックマ」が「復興ライセンス大作戦」-北海道銘菓とコラボ /北海道
 札幌発のゆるキャラ「コアックマ&アックマ」は8月11日、菓子卸売業の「ナシオ」(本社=札幌市西区)が手掛ける北海道銘菓「細雪のレガロ」とのコラボ商品の販売を始めた。同企画は、東日本大震災の復興支援活動の一環。(札幌経済新聞)
ベガースウィンドル(豊平区)が手掛ける「コアックマプロジェクト」では、東日本大震災直後に「助け合いの気持ちを今だけで終わらせるのではなく、風化させず、これから先も『忘れない』こと」を誓う「わすれない宣言」を発表。

 その後、東北から北海道へ避難してきている被災者自身が立ち上げた自立支援団体「みちのく会」を通じた支援プロジェクトや、今年6月には東日本大震災の被災地を訪れる「東北みちのくキャラバン」で、避難所・小学校・幼稚園・保育園などをめぐり、フリーハグ活動を行うとともに被災地の現状を撮影した。

 今回の企画は、今までキャラクターショーやイベントを通じた「おもてなし」を主な取り組みとして行ってきた同社が、キャラクターとして実質的かつ、より末長い継続的な支援活動をするために企画したもの。

 「復興ライセンス大作戦」と銘打った同プロジェクトの内容は、今後「コアックマ&アックマ」のプロパティーを使って商品化されるロイヤリティーの1% を「復興ライセンス」として、被災者を支援するために寄付するもの。寄付の詳細は、随時コアックマのホームページ上で領収書と共に発表する。

 「細雪のレガロ」は、もともと観光客ニーズが高い商品。震災後に海外観光客が激減した背景もあり、ナシオとしても新たなニーズを生み出し、地元キャラクターとコラボした復興ライセンス商品への期待は高いという。

 「衣食住に関わる生活必需品ではなく、エンターテインメント性の強い『キャラクター』というものを扱っているだけに、逆にキャラクターだからこそできる継続的な支援を考えていた」とベガースウィンドルの須川雅史社長。「この取り組みをさまざまな企業、多種多様なジャンルに広げていきたい。一過性のものではない継続的な復興支援の一端を担っていければ」と意気込みを見せる。

 価格は950円。同プロジェクトでは今後、ベビー・キッズ向けのアパレル商品とのコラボを検討しているという。


熊谷ホームページ作成 京都ホームページ作成 兵庫ホームページ作成 神戸ホームページ作成 岡山ホームページ作成 広島ホームページ作成 岐阜ホームページ作成 三重ホームページ作成 滋賀ホームページ作成 石川ホームページ作成
PR
【2011/10/07 10:50 】 | 北海道ホームページ作成 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ホームページ作成北海道 RAM WIRE、向井理主演映画主題歌をリリース 活動10年目念願の初ワンマン開催 | ホーム | 北海道ホームページ作成 JAF、自動車税制の見直しを求め署名活動>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>